収入が、ほったらかし状態で432%アップしました。
頭の回転が速くなる!集中力・判断力がみるみる上がる!

参考書・問題集

公務員試験対策の通信教育講座の教材 vs 市販の参考書


公務員試験受かる勉強法落ちる勉強法 」によると、市販の参考書に比べると、公務員試験対策の通信教育講座の教材は劣っていると書いてありますね。

 市販の参考書の方が出来がいいことも多く、通信教育を続けるのにはかなりの意思と費用がかかってしまうからです。


ブログランキングの応援もよろしくお願いします。
produced by 警視庁・警察官.jp

参考書・問題集

警視庁採用試験対策、どの過去問集がいい?


 警視庁合格、警察官合格を目指して勉強していると、正直言って採用試験の過去問集選びには迷います。

 警察官採用試験対策の過去問集は「新スーパー過去問ゼミ」や「ウォーク問」など各種出版されていて、種類も多すぎます。

 過去問集の中には、過去問を見開きで選択肢別に整理して解説をつけた「大卒公務員の過去問1問1答」シリーズも出ています。

 学習心理学の上では、この形式が勉強するのに最適だそうです。

 「ウォーク問」、「過去問DASH!」は問題と解説が表裏に、「新スーパー過去問ゼミ」は解答が章末にまとめて出てます。

しかし、このタイプの問題集は少し面倒です。

 苦手科目や、はじめて公務員試験の勉強にに手をつける人は、問題と解答が見開きになっている物から始めるのが一番効率よく進められるのです。


ブログランキングの応援もよろしくお願いします。

produced by 警視庁・警察官.jp

参考書・問題集

警視庁採用試験の参考書選び


 警視庁の警察官になりたいと思って採用試験の勉強を始めようと思っても、はじめは何から手をつけていいのかわからないと思います。

 実際に書店に行って警視庁採用試験対策の参考書を買おうと思っても、本棚にところ狭しと並んだ参考書の中から、役立つ参考書を選び出すのは難しいものです。

 ちなみにですがネット上最大級のアマゾンで「公務員 参考書」と入力して検索すると2800冊近い参考書が検索されました。


 本棚に並んだ多くの参考書は、予備校や出版社が主導権を持っていて、自社の本を買ってもらおうというもので、受験生の立場になった参考書や問題集は少ないのが現状でしょう。

 「どの科目に力を入れて、どの科目は捨ててもいいのか」
 「どの科目から勉強して、どの科目は直前でいいのか」
 「どの参考書や問題集は役に立って、その参考書や問題集は役に立たないのか」
 「参考書や問題集はどう活用すればいいのか」

など受験生が知りたいことについてなかなか触れられていないのです。

 そんな受験生の立場に立って、「警視庁採用試験に合格するための勉強法」、「参考書や問題集選び」について書いてあるものに、「公務員試験 受かる勉強法落ちる勉強法―これが「最速受験術」だ!〈2007年度版〉」があります。

 今や警視庁採用試験の王道とも呼ばれるようになってきていますので参考にしてみてください。


ブログランキングの応援もよろしくお願いします。

produced by 警視庁・警察官.jp

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。